ドライマウスとは?

2016.08.10

こんにちは。菅井歯科医院藤沢の長岡です。

夏本番の暑さが続きますね。

来院されて冷房の効いた診療室に入ると、みなさんいい顔をなさいます(^^)

 

 

今日はドライマウス(口腔乾燥)についてです。

目が乾くのをドライアイ、というように、口の粘膜が乾く症状をドライマウスといいます。

 

 

ドライマウスのサインは次のようなものがあります。

・口の中がカラカラ、またはネバネバする

・話しづらい

・唇や口角が切れやすい

・水がないと食べ物が食べられない

・舌がヒリヒリする

・舌にみぞがある

・よく飴をなめる

このような症状が日常的にある場合は、口腔乾燥が疑われます。

 

 

 

写真は、健康な舌(上)とドライマウスの舌(下)の写真です。

 

DSC_0008

 

 

 

 

 

 

 

 

健康な舌は湿っていて、表面がなめらかです。

 

 

DSC_0425

 

 

 

 

 

 

 

ドライマウスの舌は表面が乾き、しわのような溝ができているのがわかりますね。

 

 

唾液はただの水ではなく、いろいろな働きをします。

よく知られているのは粘膜を保護して食べたり、しゃべったりするのをスムーズにする「潤滑作用」、食べ物の中のデンプンを糖に分解する「消化作用」です。

 

それだけではなく、食べかすを洗い流す「洗浄作用」や、お口の中のpHを正常に保つ「緩衝作用」、歯の表面にペリクルという膜をつくって保護する「歯の保護作用」、細菌と戦う「抗菌作用」など、虫歯や歯周病から歯を守る働きもたくさんあります。

唾液が減って口腔乾燥になると、かさつくだけでなく、虫歯や歯周病のリスクが高まるんです。

他にも、味覚障害や口臭の原因になったり、口腔カンジダ症(カンジダ菌による、難治性の炎症)を発症することもあります。

また、乾燥してお口の中の滑りが悪くなると、入れ歯がこすれて痛みが出たり、外れやすくなります。

 

 

ドライマウスは生活の質(QOL)を低下させるとも言われています。

会話がしにくくなったり、咀嚼や飲み込みがしにくくなることで、友人との外食や外出を避けてしまうことがあるからです。

 

 

ドライマウスについて、心当たりはありませんでしたか?

気になる方は一度歯科医院を受診してみましょう。

次回はドライマウスの原因や、すぐに始められる唾液の量を増やす習慣などを紹介します。

カテゴリー

  • お問い合わせ
  • 医院ブログ

アクセス

藤沢駅より徒歩5分

住所
〒251-0052
神奈川県藤沢市藤沢971
リベール藤沢1F
TEL
0466-22-3890
診療時間
  • 外部サイトバナー
  • 外部サイトバナー
  • 外部サイトバナー
  • ドクターズファイル
  • 安心の分割払い
  • 鎌倉本院
  • 佐故歯科医院
         
  • 聖カタリスタス会
pagetop