糖尿病と歯周病の関係

2016.08.31

こんにちは。藤沢市の歯医者、菅井歯科医院の長岡です。

 

今回は糖尿病と歯周病についてです。

どちらもよく耳にする疾患ですが、この二つに密接な関わりがあることは意外と知られていません。

 

 

糖尿病とは、インスリンというホルモンの作用が不足し、慢性の高血糖状態になる代謝疾患の総称です。

自覚症状が少なく放置されてしまいがちな疾患ですが、治療を行わないと網膜症や腎臓病、動脈硬化症、神経障害、白内障、足の壊疽(腐ってしまうこと)などの重大な合併症を引き起こす、とても怖い病気です。

 

 

実は歯周病も糖尿病の重大な合併症の一つです。

糖尿病患者は歯周病が重篤化します

主な原因としては、高血糖や虚血によって細菌と戦うマクロファージなどの機能が低下し、歯周病菌の増殖が活発になるためです。

 

 

そして、歯周病が重篤であるほど血糖コントロールは悪くなります

歯周病治療によって歯周組織の炎症が改善すると、インスリンの作用が良くなり、血糖のコントロール状態も改善することが報告されています。

 

 

 

image1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、糖尿病だと歯周病が進行しやすく、歯周病の治療をすれば血糖値の改善がみられる、ということです。

これは、日本糖尿病学会でも、日本歯周病学会でも明確に発表されています。

毎日の歯磨きは全身の健康にもつながっているんです。

 

 

過去のブログ 脳梗塞と歯周病の関係

カテゴリー

  • お問い合わせ
  • 医院ブログ

アクセス

藤沢駅より徒歩5分

住所
〒251-0052
神奈川県藤沢市藤沢971
リベール藤沢1F
TEL
0466-22-3890
診療時間
  • 外部サイトバナー
  • 外部サイトバナー
  • 外部サイトバナー
  • ドクターズファイル
  • 安心の分割払い
  • 鎌倉本院
  • 佐故歯科医院
         
  • 聖カタリスタス会
pagetop