虫歯になりやすい「三大不潔域」

2017.06.19

こんにちは。菅井歯科医院 藤沢の長岡です。

 

今日は虫歯のできやすい場所についてです。

 

日々歯の治療をしていると、みなさん大体同じような場所に虫歯ができています。

実は、歯には特に汚れが溜まりやすい、「三大不潔域」という場所があります。

 

汚れが溜まりやすいということは、虫歯になりやすいということです。

つまり、「三大不潔域」=「虫歯になりやすい場所トップ3」と言えます。

 

 

 

<三大不潔域>

 

1.奥歯の噛むところにある溝(小窩裂溝)

 

食べ物を効率よく噛むために、奥歯には山と谷があります。

谷には深い溝があり、ここが汚れの溜まるポイントになっています。

特に第一大臼歯は6歳ころに生えてくるので、子供のうちにうまく磨けず虫歯にしてしまうことが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.歯と歯の間(隣接面)

 

基本的に歯と歯は接触しているので、その間はとても狭い隙間ですよね。

でも、目に見えないほど小さな虫歯菌にはそんな狭さは関係ありません。

歯と歯の間のプラーク(歯垢)は、デンタルフロス歯間ブラシを使ってきれいにします。

 

歯ブラシしか使っていない人が本当に多いです

それだけでは汚れは落とせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

セルフケアをアップデート! 【デンタルフロス】

セルフケアをアップデート! 【歯間ブラシ】

 

 

 

3.歯と歯茎の境目(歯頸部)

 

歯と歯茎の境目は、歯茎との段差もあって、プラークが溜まりやすいです。

また、歯磨き指導を受けたことがないと、歯の上側の2/3くらいまでしか歯ブラシを当てていないことが多く、みなさん歯磨きが苦手なポイントでもあるんです。

歯と歯茎の境目のプラークは、虫歯だけでなく、歯周病の原因にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三大不潔域が汚れてしまうのは、もともとの歯の形が関係しています。

でもこの「三大不潔域」がきれいにできていれば、ぐっと虫歯になりにくくなります

セルフケアを見直したい方、お気軽にご相談下さい。

カテゴリー

  • お問い合わせ
  • 医院ブログ

アクセス

藤沢駅より徒歩5分

住所
〒251-0052
神奈川県藤沢市藤沢971
リベール藤沢1F
TEL
0466-22-3890
診療時間
  • 外部サイトバナー
  • 外部サイトバナー
  • 外部サイトバナー
  • ドクターズファイル
  • 安心の分割払い
  • 鎌倉本院
  • 佐故歯科医院
         
  • 聖カタリスタス会
pagetop