今日のインプラント治療

2015.06.15

こんにちは。神奈川県藤沢市の菅井歯科医院藤沢です。

今日の午前中はインプラント埋入手術がありました。インプラント術前にソケットプリザベーション(Socket Preservation)という処置を併用した症例です。今日はこの「ソケットプリザベーション」というものについてご紹介したいと思います。

 

インプラントとは,人工歯根のことで,歯を失ってしまったところを補う有効な手段の一つです。

ですのでインプラントが用いられるのは当然,歯を失った後ということです。

DSC_2193 のコピー

歯を失う原因の多くは歯周病です。歯周病が悪くなった(=歯の周りの骨が溶けた)から抜歯をするわけですから,インプラントを埋入するときには骨が非常に少なくなってしまっていることもしばしばあります。

左の写真のように,インプラント埋入時に骨が足りないと,GBRという骨の再生手術を併用しなければなりません。当院では当然GBRも行っておりますが,術後に腫れたり内出血が起こったりしやすいので,避けられるものなら避けたいところです。

 

 

そこで,近年注目されているのが,ソケットプリザベーションという骨の温存手術です。

DSC_0026切り抜き

 

歯周病が悪化した歯を抜歯する際に,抜くだけでは大きな穴になってしまい,先ほどの写真のように骨が足りなくなってしまいますので

 

 

 

 

DSC_0029 のコピー

 

 

 

抜いたあとの穴に

 

 

 

DSC_0032 のコピー

 

 

骨に置換される材料を充填し

 

 

 

DSC_0033 のコピー

 

 

 

その上を特殊な膜(d-PTFE非吸収性メンブレン)で被い,縫合します。

 

 

 

すると,4〜5ヶ月後には

DSC_1105 のコピー

 

 

骨の幅が完全に温存されているのがわかります!

 

 

こうなれば,後はそのままインプラントを埋入するだけです。

 

DSC_1107 のコピー

 

 

 

ただ,シンプルに埋入するだけなので,患者さんの体の負担も少ない低侵襲なインプラント治療になりました。

 

 

DSC_1109 のコピー

 

 

縫合して終了です。

 

 

 

 

インプラント治療には様々な選択肢があります。また,技術は日々進化しています。治療の際には是非いろいろとご相談ください。

 

 

カテゴリー

  • お問い合わせ
  • 医院ブログ

アクセス

藤沢駅より徒歩5分

住所
〒251-0052
神奈川県藤沢市藤沢971
リベール藤沢1F
TEL
0466-22-3890
診療時間
  • 外部サイトバナー
  • 外部サイトバナー
  • 外部サイトバナー
  • ドクターズファイル
  • 鎌倉本院
  • 佐故歯科医院
         
  • 聖カタリスタス会
pagetop