マイクロスコープ精密歯科治療

菅井歯科では「マイクロスコープ精密歯科治療」を積極的に治療に取り入れ、より高度で精密な治療を目指しています。

マイクロスコープとは何か?

みなさんのお口に並んでいる「歯」は一つ一つがとても小さく、複雑な構造をしています。
歯科治療では狭くて暗い口の中で、その歯の表面のみならず、内部までもを治療しなければなりません。当然、肉眼で見える部分には限界があります。長い間、見えないところは手探りで治療をするしかありませんでした。そもそも、見えなければ見つけられない病因もあったでしょう。

そこで登場したのがマイクロスコープです。マイクロスコープは、肉眼で「見えない」ものを「見える」ようにしてくれる、拡大顕微鏡です。今まで見ることの出来なかった細部までしっかりと診ることで治療の精度が劇的に向上しました。

マイクロスコープは眼科や心臓外科などでも使われており、アメリカでは、歯の根管治療の専門医は使用を義務付けられているほど歯科治療においても有効な機器です。

当院ではマイクロスコープを用い、術野を最大25倍程度にまで拡大して行う精密な治療を提供します。拡大視野はより正確な診断と精密な診療を可能にします。
マイクロスコープによる精密治療は、根管治療(神経治療)、修復治療(虫歯治療)、歯周病治療、インプラント治療など、様々な分野に応用することができます。

マイクロスコープが大きくその効果を発揮するのが根管治療です。
根管治療は、歯の内部にある神経の治療で、肉眼で見ることは不可能な領域です。
そのため、かつては手指の感覚や経験に頼らざるを得なかった治療でした。
しかし、マイクロスコープを導入することにより、非常に狭くて複雑な根管を、拡大視野で見ながら治療を行うことで、圧倒的に高精度の根管治療ができるようになりました。

根管治療の精度が向上すると、病変再発による抜歯のリスクの減少にも繋がります。
このように、拡大視野での精密治療は、歯の保存に大きく関わってきます。
まさに「見えなかったものを見る」。もはや必須の治療機器と言っていいでしょう。

また、修復治療では、拡大視野でよりピンポイントに虫歯の部分だけを取り除くことも可能となるため、低侵襲の治療が行えます。
外科治療においても、日本歯周病学会の歯周病専門医・認定医による歯周ポケット内の歯石の除去、歯茎の移植、再生療法などの精度の求められる治療に活用しています。

当院がマイクロスコープ導入したのは、すべては「歯を保存する」治療を実現するためです。
どんなに材料が進歩しても、ご自分の歯に勝るものはありません。
「歯を保存する」治療は、マイクロスコープ・CTなどの医療機器を用いた診査・診断と、高度な技術があってこそ実現するものです。

マイクロスコープでの精密治療は、細かい作業になるため、一回の治療に60~90分と充分なお時間を確保し、丁寧な処置をさせていただきます。
そのため、当院では自由診療でマイクロスコープ精密歯科治療を行っております。

  • お問い合わせ
  • 医院ブログ

アクセス

藤沢駅より徒歩5分

住所
〒251-0052
神奈川県藤沢市藤沢971
リベール藤沢1F
TEL
0466-22-3890
診療時間
  • 外部サイトバナー
  • 外部サイトバナー
  • 外部サイトバナー
  • ドクターズファイル
  • 鎌倉本院
  • 佐故歯科医院
         
  • 聖カタリスタス会
pagetop